土地選びそして購入までの軌跡

マイホーム購入の際に

土地と家選び

我が家がマイホーム購入の際に、私が一番にこだわったのが、周りの人間環境でした。
交通の便や学校までの距離、買い物の便利さなど一般的に気にする所も確かに気にして土地選びをしました。

 

しかし、私が一番気にしていたのが、人だったのです。
あまり人間関係を築くのが苦手な私。

 

特に、出来あがった人間関係の輪に後から入る事が苦手です。
なので、新興住宅街の中でも、あまり大きくない住宅街。

 

そして、まだ建っている軒数の少ない住宅地をさがしたのです。
なぜなら、大きな新興住宅地になればなるほど、子供の同級生も多いはず。

 

それも良し悪しかと思い避けたい気持ちがありました。
また、建っている軒数が多いという事は、すでにグループが出来ている事も考えられます。

 

なので、避ける事にしたのです。
結果、私が選んだ住宅地は、新しい土地が20軒ほどの小規模住宅地。

 

そして、私がその土地を購入する時点では、5軒ほどしか建っていない場所を選んだのです。
お陰で、住み始めて約10年。

 

毎日、楽しく暮らす事が出来ています。

日当たり

家の購入・建築や借りる前にまず気になるポイントは、やはり日当たりではないでしょうか。
洗濯物だけでなく、家の中に光が入ってくる事により明るさも変わります。

 

どちらの方角に向いているのか、周りの家の高さ・接近度合はすぐに見てとれますが、家を買ったり建てる場合は、将来的な事も確認すべきです。
不動産屋さんや地元の自治体からの情報により、「すぐそばにショッピングセンターが出来る」などの大きな計画の情報なら手に入りますよね。

 

隣の古い民家が取り壊されて駐車場やコンビニになる、隣は畑だったのにマンションが建つことになったなど、ずっと住む場合は大きく関わってきますので、忘れずに確認しましょう。
周辺の景色が変わるだけでなく、日当たりも大きく変わってきます。

 

それは、一戸建ての場合だけではありません。
マンションでも低層階に住む場合には、周辺の建物によって日当たりが変わってきます。

 

高層階であっても同じ高さの建物が近隣に建つと影響がありますので、注意して下さい。

 

家を売ると決めたら勉強とノートです

 

家を売ると決めたらまず「専用のノート」を作って「家を売る」に関する事全て(物件概要や税金、売却での希望、大まかな予定や新たに知り得た知識・情報)を綴っていきましょう。
集めたチラシ・資料等はセロテープなどで貼り付けていくのもよいです。

 

実際に売却活動が進み、内覧になった時もその都度、時期や見に来たお客さんの家族構成、反応、質問の内容、結果も記入していきます。
業者さんとの相談時等をはじめこの専用ノート一冊を中心に活動を進めると効率が大変良いと思います。

 

下記のサイトで、この辺りのことを勉強しました。
勉強サイト1・家売却@価格と相場を知って家を高く売るなら
http://xn--0lr83iiqap2g6q3c.jp

 

それと同時に不動産売買に関して自分で基礎的なことは勉強しましょう。

 

 

不動産屋さんに頼んでから教えてもらうことも勿論出来ますが「家を売る」という大作業は慎重の上にも慎重を期すべき大事ですので予め、大まかで良いので売買に関しての流れや売買の有利な時期、現在のローン返済状況や売却後の手続・税金等のことまで、ぜひ自分で積極的に勉強していき、得た知識を「ノート」に残しましょう。

 

情報を得る為の身近で簡単な方法としてまず本・PC・不動産屋さんに置いてあるパンフレットなどを目を通していくのも良いと思います。

続きを読む≫ 2017/12/22 18:40:22

店舗の同期と話していたらが、旦那は独身をしていると言ってました。次いで、細かく談話を聞いたら「両親が所有していた使っていない3LDKのアパートにひとりでいる」とのことで「おや、親が昔に不動産投資して丸ごと借り手がつかずに放置されている座敷に住ん出るの?」と尋ねると「そうよ」という普通に答えてました。
そうなんですよね。バブルの時代に不動産投資をして住まないアパートやアパートを所有している人の多いこと。
私の周辺は他にも何人も似たようなやつがいまして。
結婚してる夫人の身の回りなんですが、恋人の男子になる人の両親、つまりは義母様が所有している使っていない同じく3LDKのアパートに新婚で住むことになってました。
今日は何一つ本質が違う壌土といった額のフィーや、不動産舵取りで儲けようと考えていた期間代ってなんとなく何十クラスかフロントなのに、さっぱりかすれてもいない私としては、現代史を聞いてるかの体感になります。
今は必ず価値のある場所にしか額はつかないですからね。

続きを読む≫ 2016/12/04 09:36:04

私の次女が以前に、5000万くらいで家を建てました。それはいいんですけれど、次女の男性存在が大工を通じておりまして、連中に頼むことになったんです。そしたら、事あるごとに希望のものは全品に却下されて、極めて住みたくも乏しい家に作られたという嘆いていました。
雨戸の扉はマニュアルで良かったのに、オートマチックにするのが適切だからと言われてきっと必ず変えられました。さらに、おふろも他国製の猫足のあるようなロマンテックなのがいいと希望を出すと、今後の規定がやりにくくなるから、一般的な日本の製造元の代わり映えしないグループバスにさせられてました。そうして様相も、洋風がいいと言っていたのに、男性の好みで力一杯日本に変わっていました。でき上がりまで見ることはなかったそうで、見た一時、気分が悪くなったそうです。「こんなのに割賦支払うなんてあり得ない!」ってたくさん嘆きながら、仕方なく住んでいます。
そういった他人が身近にいたので、家を新築する時は、きちん失敗のないようにしなければって強く心に思いました。

続きを読む≫ 2016/11/14 09:36:14

リノベーション、いまものすごく流行ってますよね。
あたいがいる民家は、リフォームしました。リノベーションじゃないだ。リノベーションすれば良かったなんて出遅れになって思います。
都市に住んでいると、古くなった築20年頃から30年頃くらいの建物のひとルームをリノベーションやるの多いですよね。「一部もしました!見に来て下さい。オシャレなのに安いですよ」という感じのバナーが入ったり行う。次いで、興味があるので出向くと、なんか再び頑張って、作りました感が溢れていたり行う。
取り敢えず安く引き上げる為に、モデルルームなどの使える家財や洗面席なんてを持ってきて取り付けているんですよね。
原則ば、分譲建物しか取り付けていないようなちょこっと階級の高い洗面席があったり行う。あとは、デザイナー氏の色あいが色濃く出ていたりして、劇的ビフォーアフターみたくなっていたり。
新築よりもコストが掛からないし、地味に新築よりも目立ちそうですよね。

続きを読む≫ 2016/10/25 09:36:25

不動産を保有したら、日本のところ、普通はキャリアとともに値打ちが下がるのですが、自宅の中には立地制限がとことんメイドちゃんが最高でピカピカが保たれていたり、とにかく好条件が買えるって、不動産の値打ちは何だか下がらないですよね。
売り出す前に、今やクライアントが待機していて、いる中途も「ここに住みたいという人々さまがいる。どなたか広間を売ってくれませんか」みたいなチラシが何度も入ったり。
ぼくが過去に住んでいた築20ご時世以上もしていた鉄筋の自宅は、必ず世論がありまして、元は分譲なのですが、そこから貸している飼主ちゃんが甚だ多い辺りでした。賃貸で入っていたのですが、ともかく誰か出てもすぐにいらっしゃるし周期は早いし、世論はあるしで、このショップの自宅を所有していたら、おへそくり程度は儲かるんだろうなぁ、なんてボンヤリ思ってみたりしていました。
そうかといった思えば、おんなじ界隈であっても、何一つ世論がなくて絶えずガラガラの自宅もあったりとして、不動産って、ただ作業場の値打ちじゃないから不思議ですなと想うのでした。

続きを読む≫ 2016/10/05 09:36:05

住居は、プロヴァンス系の輸入住宅を建てました。輸入住宅といえば、装飾性が激しく、周囲を吸い寄せるようなインプレッションが一番の売りなのでしょうが、我が家の場合は、長いこと生活の場としてゆくときの機能面も重視しました。

 

たとえば、そのハウスメーカーでは、階級から2階層の縁側、2階層の各客間は、水廻り以外はすべてカーペットが標準の施工となっています。実に、モデルハウスのようにカーペットを敷き詰めてあるとビジュアルがして豪邸という先入観を構成出来ます。けれどもカーペットは初めて汚してしまうと、何だか不浄が落ちなかったり、磨耗して薄くなってしまったりというマイナス面があります。そこでオプションとして、数十万円もかけて、階級から二階層のへやすべてをフローリング施工としてもらいました。結果、外見の華やかさはなくなってしまいましたが、将来的な監視の厄介が省けてよかったとしてある。

 

他にはロートアイアンの階級手すりを諦めて、その分の額で全館室温にしました。お陰で連日、民家の何処にいても快適に過ごせてある。

続きを読む≫ 2016/09/15 09:36:15

多くの戸建ては、銭湯・脱衣フロア・洗濯好機をまとめてゼロ階のおんなじ場所に設置していますが、これらを二階にとっていくと、いくつかのプラスが得られます。

 

最新のメリットは、洗った洗濯物を二階のベランダに乾かす折、二階に洗濯好機があるって洗濯小物の輸送が楽だということです。

 

次のメリットは、来客にゼロ階のトイレにおいてもらう折、来客の眼に汚れた洋服の山々や生活感明らかの洗剤や洗濯好機などを触れさせないですむということです。

 

三つ目のメリットは、二階であれば、ゆったりとした一色でお風呂に入れることです。敷地スレスレに住宅を建てたシーン、銭湯が近所のリビングや入口、輸送の多いストリートなどに面してしまうと、人の様子が気になって、じわじわお風呂に入れなくなってしまうのです。

 

そうして四つ眼は、銭湯を覗かれ辛い等の防犯要所におけるプラスだ。空き巣は、便所や銭湯の窓から侵入することが多いため、銭湯が二階にあれば、その分だけ、空き巣の侵入し辛い住宅となります。ちなみにゼロ階の銭湯の窓に思い切り取り付けられてある格子は、簡単にそれる結果、上っ面ほどのおっきい防犯効果はありません。

 

水道管を二階まで退くためのスタート工事値段といった雨漏りした場合のリスクも結構ありますが、生計を快適にするための初期投資と、腕の良い職人による満点な仕事を持ってすれば、プラスのほうが大きいと言えるでしょう。

続きを読む≫ 2016/08/26 09:36:26

ホーム RSS購読 サイトマップ