わが家を購入するときのコツ

先日経済が上向いてきたおかげでアパートの商いが好調のようです。額面が安っぽいアパートから超多額アパートまで様々な値段のアパートがそれほど売れているようです。
 そういったアパートを購入するときに気をつけたいのは「立地」だ。アパートは購入してから2〜30階層住み積み重ねるわけですから、今現在は群衆のある町も、のちのち寂れて行くということも十分あるわけです。

 

 単に新たに開発された住居町、はわずか要注意です。たとえば大阪の「千里ニュータウン」や都内の「多摩ニュータウン」などは高度向上期に開発されましたが、その内購入した人たちは高齢化して、若い人たちはいなくなり近頃これらの町は必ずや寂れているんです。
 市民たちの階級が似通っている町は急速に高齢化が進むといわれますが、そうしたアパート町は要注意です。アパートも空室が増えると、手直し積立勘定が不足して傷んでくるので財産成果もつぎつぎ下がっていくんです。