リノベーションって結局どうなるのだろう。

リノベーションって結局どうなるのだろう。

リノベーション、いまものすごく流行ってますよね。
あたいがいる民家は、リフォームしました。リノベーションじゃないだ。リノベーションすれば良かったなんて出遅れになって思います。
都市に住んでいると、古くなった築20年頃から30年頃くらいの建物のひとルームをリノベーションやるの多いですよね。「一部もしました!見に来て下さい。オシャレなのに安いですよ」という感じのバナーが入ったり行う。次いで、興味があるので出向くと、なんか再び頑張って、作りました感が溢れていたり行う。
取り敢えず安く引き上げる為に、モデルルームなどの使える家財や洗面席なんてを持ってきて取り付けているんですよね。
原則ば、分譲建物しか取り付けていないようなちょこっと階級の高い洗面席があったり行う。あとは、デザイナー氏の色あいが色濃く出ていたりして、劇的ビフォーアフターみたくなっていたり。
新築よりもコストが掛からないし、地味に新築よりも目立ちそうですよね。


ホーム RSS購読 サイトマップ