日当たり

家の購入・建築や借りる前にまず気になるポイントは、やはり日当たりではないでしょうか。
洗濯物だけでなく、家の中に光が入ってくる事により明るさも変わります。

 

どちらの方角に向いているのか、周りの家の高さ・接近度合はすぐに見てとれますが、家を買ったり建てる場合は、将来的な事も確認すべきです。
不動産屋さんや地元の自治体からの情報により、「すぐそばにショッピングセンターが出来る」などの大きな計画の情報なら手に入りますよね。

 

隣の古い民家が取り壊されて駐車場やコンビニになる、隣は畑だったのにマンションが建つことになったなど、ずっと住む場合は大きく関わってきますので、忘れずに確認しましょう。
周辺の景色が変わるだけでなく、日当たりも大きく変わってきます。

 

それは、一戸建ての場合だけではありません。
マンションでも低層階に住む場合には、周辺の建物によって日当たりが変わってきます。

 

高層階であっても同じ高さの建物が近隣に建つと影響がありますので、注意して下さい。

 

家を売ると決めたら勉強とノートです

 

家を売ると決めたらまず「専用のノート」を作って「家を売る」に関する事全て(物件概要や税金、売却での希望、大まかな予定や新たに知り得た知識・情報)を綴っていきましょう。
集めたチラシ・資料等はセロテープなどで貼り付けていくのもよいです。

 

実際に売却活動が進み、内覧になった時もその都度、時期や見に来たお客さんの家族構成、反応、質問の内容、結果も記入していきます。
業者さんとの相談時等をはじめこの専用ノート一冊を中心に活動を進めると効率が大変良いと思います。

 

下記のサイトで、この辺りのことを勉強しました。
勉強サイト1・家売却@価格と相場を知って家を高く売るなら
http://xn--0lr83iiqap2g6q3c.jp

 

それと同時に不動産売買に関して自分で基礎的なことは勉強しましょう。

 

 

不動産屋さんに頼んでから教えてもらうことも勿論出来ますが「家を売る」という大作業は慎重の上にも慎重を期すべき大事ですので予め、大まかで良いので売買に関しての流れや売買の有利な時期、現在のローン返済状況や売却後の手続・税金等のことまで、ぜひ自分で積極的に勉強していき、得た知識を「ノート」に残しましょう。

 

情報を得る為の身近で簡単な方法としてまず本・PC・不動産屋さんに置いてあるパンフレットなどを目を通していくのも良いと思います。