自分だけの土地がほしい

誰でも1度は、自分だけの土地がほしい、こう思ったことがあるのではないでしょうか。
兄弟の多い家庭で生まれた子どもが自分の部屋に憧れるようなものです。

 

自分だけの自由にできる場所というのは、期待に胸を躍らせるものがあります。
私は人一倍この想いが強いので、それなりの土地に対するこだわりがあります。

 

まず、緑豊かで川があり人の出入りがないことです。
できれば、海も近くにあってほしいです。

 

とにかく、自然豊かで静かな土地を、今も追い求めています。
実際、行動に移してみて感じることですが、私が希望としているような土地はまず、ない、ということです。

 

少なくとも日本には存在していないのではないかと、確信しています。
自然はともかく、人の出入りがない土地、これはほぼ不可能だと思っています。

 

自分の理想の土地に巡り合えることなど、奇跡でも起きなければ達成できません。
結局の所、自分だけの土地探しは、どこまで妥協できるのか、ここが重要なのです。